HOME

 

過去放送一覧


08年08月08日(#015)

アイスクリームに賞味期限がない理由は?

・ 蚊に刺されると痒くなる理由は?

男性が睾丸をぶつけると信じられないぐらい痛い理由は?

おそば屋さんの名前によく「庵」が付く理由は?

 蚊に刺されると痒くなる理由は?

 

 基本データ

<プレゼンター>
 優木まおみ

<購入者>
 石原良純、倉田真由美、森永卓郎、佐々木希、高田純次

 

 

 

 理由

 蚊に刺されると痒くなる理由は、蚊が血を吸うときに使用する唾液に関係しています。

 そもそも蚊は、卵を育てるために血を吸うので、メスしか血を吸いません。
 蚊のメスは、血を吸うとき、同時に6つの針を人間の皮膚に挿入しています。
 この6つの針を刺したときに人間に気づかれて殺されないようにするための行為が痒みと関係しています。

 人間の皮膚に止まった蚊は、「下唇」(かしん)と呼ばれるケースの中から6本の針を取り出し、それらを人間の皮膚に挿入します。

 まず、血を吸う管を入れやすいようにするために、2本のノコギリ状の「小あご」(こあご)と呼ばれる針を皮膚に挿入し、次に「咽頭」(いんとう)と呼ばれる針を皮膚に挿入し、皮膚を引き裂かれたときの痛みで人間に気づかれ、殺されないようにするための麻酔成分や、血を吸う時間を短くするための、血が固まらないようにするための成分を含んだ唾液を注入します。

 そして、皮膚の感覚を麻痺させた状態で、一番太い針である血を吸うための「上唇」(じょうしん)と呼ばれる針と、その開口部の蓋をしている「大あご」(おおあご)と呼ばれる2本の針を皮膚に挿入し、毛細血管を探り出し、一気に血を吸い上げます。

 そして、蚊が人間に気づかれて殺されないように痛みを麻痺させ、血が固まらないように注入した唾液が、人間の体内に入るとアレルギー反応を起こしてしまうため、その結果痒みという感覚を生じさせます。

 よって、蚊に刺されると痒くなる理由は、蚊が人間に気づかれて殺されないように痛みを麻痺させ、血が固まらないように注入した唾液が人間の体内でアレルギー反応を起こすからです。

 

 

 

 メモ

・ 蚊は、人間の皮膚に止まってから血を吸い終わるまでに合計約2分30秒掛かり、そのうち、唾液を注入するのに約16秒掛かります。

・ 蚊に刺されると痒くなるのは唾液が原因なので、蚊が血を吸い終わるまでに人間が動いたなどで蚊が逃げると、蚊が再度血を吸おうとし、結果的に複数の箇所を刺され、複数の箇所が痒くなる場合もよくあります。また、蚊が血を吸い終えても満腹状態にならなかった場合は、再度蚊が血を吸おうとし複数の箇所を刺され、複数の箇所が痒くなる場合もあります。

・ 蚊に刺されても痒くならないようにするためには、蚊に刺された後、蚊の唾液が広がらないようにするために、なるべく掻かないようにするといいでしょう。また、刺された箇所を冷やすとアレルギー反応が起きにくくなり、痒みが弱まります。

・ 蚊に刺された後の痒みはアレルギー反応なので、アレルギー反応がない体質というものも原理的には存在し得ますが、今のところ、そういう蚊の唾液に対する人間の免疫は確認出来ていません。

・ 蚊は、二酸化炭素濃度の高い場所、温度が高い場所、汗などの臭いを好むので、呼吸回数が多かったり、体温が高かったり、新陳代謝が活発だったり、汗を掻いていたりする場合は蚊に刺されやすくなります。

 

 

 

 

 


●--    HOME    --●